離婚した張本人からの離婚請求は認められる?

浮気した本人からの離婚請求

浮気もしくは、暴力などをして、婚姻関係を破綻させた本人を有責配偶者と言います。
簡単に言えば、離婚の原因を作った人です。

過去では、有責配偶者からの離婚請求を裁判所は、よほどのことがない限り認めていませんでいした。
これは、有責主義と言って、離婚原因を作った人が明らかな場合、責任の無い方からでないと離婚の請求はできないというものです。
しかし、有責配偶者からの離婚請求を原則として認めないとしたところで、現実には破綻した夫婦関係が修復出来なければ、根本的な解決にはならない場合が多いのです。

そのような傾向から、最近では、離婚を認めたほうがお互いの将来のためには良いのではないかという考えから、破綻主義という立場を取るようになりました。
(有責配偶者からでも、離婚請求が認められるようになった)
ただし、義務教育を終えていない子供がいたり、離婚後に配偶者が過酷な状況に陥る可能性が高い場合は認められません。