離婚後の戸籍についてまとめ

離婚による戸籍の変わり方

離婚による戸籍の変化として一番大きいのは、婚姻中の戸籍から、婚姻によって入籍した方の人が除籍されるということです。
婚姻中の戸籍は夫婦の戸籍として一つでしたが、離婚をすると戸籍が別れます。
その際に、結婚前の戸籍に戻るのか、単独で新しい戸籍を作るのかを選択する必要があります。

例えば、協議離婚することになり、離婚届が受理されると、夫が戸籍筆頭者の場合、戸籍の夫の欄には「平成○年○月○日妻○○と協議離婚」と書き込まれます。
調停離婚、裁判離婚の場合には、同様にそれぞれの旨が記載されることになります。

妻の欄には「平成○年○月○日夫○○と協議離婚届出 ○○戸籍に入籍につき除籍」(婚姻前の戸籍に戻る場合)、あるいは「平成○年○月○日夫○○と協議離婚届出 同日○○県○○市○○町に新戸籍編製につき除籍」(新戸籍を作る場合)と記載され、妻の名前はバツ印で消されます。
これが「バツイチ」の語源です。(最近の役所はコンピュータ化されているので、バツ印はあまり見られなくなりました)

婚姻前の戸籍に戻ること無く、新たな戸籍を作る場合、とりあえず本籍地を決めて下さい。
そのあとに本籍地の移動は自由にできます。
転籍すると離婚の記載は移記する必要が無いので、離婚の事実が記載されていない戸籍が作れます。
離婚後に生活する住所を、新戸籍の本籍地としている女性も多いようです。