離婚後の性について

離婚後に名乗る性の選択肢
離婚によって、婚姻中の戸籍から出た妻または夫が、婚姻前の戸籍(親元の戸籍)に戻る場合には、性の選択はできず、親と同じ姓に戻るしかありません。
しかし新しい戸籍を編製した場合には、旧姓を名乗ることも婚姻中の性を名乗ることもできます。

婚姻中の性を引き続いて名乗りたいのであれば、離婚届と同時にあるいは、離婚をした日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届け」を新しい本籍地の市区町村役場に提出します。
その届出には、本人の署名・押印だけが必要で、理由を述べる必要もありませんし、相手側の許可もいりません。

ただし一度決めると、その変更はほぼ無理だと考えなくてはなりませんので、3ヶ月の考慮期間を大切にして、慎重な判断をすべきです。
もしも、さらに変更をしたい場合には、以下のような手続きが必要になります。
「氏」の変更許可の申立ては「やむを得ない事由」が求められ、家庭裁判所がその事由を認めた場合のみ、氏の変更が許可されます。

家庭裁判所が氏の変更を考慮する条件

  1. 「離婚の際に称していた氏を称する届」を出した後に、その性が社会的に定着する前の申立てであること
  2. 申立てにきちんとした理由があり、思いつきからではないこと
  3. 第三者に害を与えるなどの、社会的な弊害が発生する恐れがないこと

いずれにしろ、きちんと考えているかどうかが重要なポイントです。

離婚後に婚姻中の性を使用することを届出た人が、そのあと再婚したけれでも、また離婚した、、、こういったケースでは、2度目の離婚によって前婚の性に戻ることになるのですが、やっぱり実家の性に戻りたいとして変更申立てをした場合に、変更が認められた例もあります。
また、子供を引き取った親が旧姓に戻したところ、子供が適応しないために婚姻中の性に戻したい、という申し出も許可された例があります。

ただし、いずれも事前に想定できないことではありません。
周囲の人の混乱を防ぐためにも、できれば一度の決断で済ませたいものです。