離婚後に子供の戸籍と性の変更をするには?

子供の戸籍と姓については、離婚そのものによって、子供の戸籍と姓はなにも変わりません。
離婚はあくまでも夫婦の問題であって、子供は出生時に両親である夫婦の戸籍に、出生届と同時に入籍されたいというのが事実です。
したがって、子供は両親が離婚しようとも、そのままでは最初に入籍した籍のままなのです。
ですので親権者となった母親が旧姓に戻った場合は、子供と母親の性や戸籍は異なることになります。
母親が、離婚後も結婚時と同じ姓を名乗る場合も、見かけ上は子供と同じ氏(性)ですが、法律的には、子供とは戸籍も性も別だと考えられています。

15歳未満の子供の性を変更する場合は親権者が申し立てをする

子供の姓を変更したいときには家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申立てをします。
子供が15歳未満の場合は、親権者である親が、子供が15歳以上の場合は子供本人が申し立てます

離婚後の両親の戸籍謄本を用意して申請することによって、書面のみによる審理で約2~3週間で許可がおりますので、それを市区町村役場の戸籍課に届出ます。
ただし、15歳未満の子供は、自分の意志に関係なく、親に性の変更をされてしまうこともあります。
その場合、子供が成人して1年以内に限り、変更前の性(両親が離婚する前の性)に戻ることができます。
しかし、親権者になっていない親が、この申し立てをすることはできません。

親権者にである親の側から、この申立てをしてもらうか、親権者変更の審判申立てを先にして、その許可を得てから「子の氏変更許可審判」の申立てをすることになります。
そういった場面でも、子供の親権者になっているかどうかが、重要となってくるわけです。
ですから、離婚の際に親権者・監護者を決めるときには、子供の戸籍や性をどうするのかといったことまで考慮して、十分に話し合っておく必要があります。

子供が15歳以上であれば、子供が自主的な判断をし、父母のどちらの性を称するかを決め、自分で「子の氏の変更許可の審判」を申し立てることができます。
両親の内どちらが親権者であるかということは関係ありません。

離婚によって新しい戸籍を編製した親権をもった親が、自分の籍に子供を移動するには、市区町村役場の戸籍課に「入籍届」を提出します。
入籍届が受理されれば、子供は離婚によって新しい戸籍を編製した親権者の戸籍に入ります。
旧姓に戻る場合ですが、一つの戸籍には2世代までしか入籍できないので、実家の戸籍に子供を入籍させることはできません。
旧姓に戻る場合でも、子供と同じ戸籍に入るには、新しい戸籍を作る必要があります。