離婚後のメンタルについて

離婚=心の傷
必ずしもこのような公式に当てはまるケースばかりではないでしょうけれど、エネルギーを消耗し、心にとても深いギズを追ってしまった人は少なくないでしょう。
でも、離婚を人生の一区切りと捉えて、まだまだ先がある、幸せ探しの一通過点と考えてみるのはいかがでしょう。

子供の頃の入学式、新しい制服を着て、不安と期待でドキドキしながらも、身が引き締まる思いがしたのではないでしょうか。
離婚の傷は、そうした思いを抱きながら、新しい人生へ踏み出し、挑戦することで、いずれ消え去っていくのだと思います。
心の傷、その傷口ばかりを見て、痛い、痛いと言っていても、傷が治ったりはしませんよね?

もう傷口を見るのはよしましょう。
他のことに目を向けている間に、傷は塞がっているかもしれません。他のことは、仕事でも趣味でも良いでしょう。
もちろん、恋愛をしてもいいでしょう。
子供がいる人は大切なお子さん、心に傷を追ったお子さんに離婚までの期間を考えてあげられなかったこと、してあげられなかったことをしっかり謝った上でこれから十分にしてあげたらいいのでは?
心の傷から立ち直るには、傷口を見続けないこと。
これが一番です。

ただし、傷を受けることになった原因や、それに対する反省や理解は、あなたの糧としてこれからの人生に活かしていくことを忘れないでください。