離婚する理由

離婚理由

  1. 離婚に応援してくれる人は、ごくわずかしかいない
  2. 離婚に理由よくある
  3. 相手と一緒にいるだけでイライラしてしまって、この先も続けられる自信がない
  4. 相手の暴力(言葉の暴力も含む)がひどくて耐えられない
  5. 相手が浮気をしてしまった
  6. 自分にいい相手ができて、離婚をして新しい人と人生をやり直したい
  7. お金の問題で日比の生活に不安があるから
  8. 突然に、結婚生活がいやになった、
  9. 相手の、親、兄弟との関係が悪い、その人達とか関わっていくのがつらい
  10. 子供ができないので、お互いの関係が悪化している
  11. 相手の束縛が激しくて別れたい
  12. 相手はなにもせず、自分だけが一生懸命にしなければならない不満
この10この内で、離婚調停にて成立するのは2と3のみ
他の8個は、離婚の理由としては認められない
女性が結婚相手をキライになるのは、感情的な理由がほとんど
生理的に受け付けなくなる
男性が離婚を考える時の一番の原因はセックス
妻の肉体よりも若い女性という願望
もう一つの原因は、仕事を馬鹿にされること

時代とともに変化する別れる理由

離婚する理由で現代多いのは、モラハラ&DVです。

  • モラハラとは、モラルハラスメントの略で、精神的な暴力のことを言います。
  • DVとは、ドメスティックバイオレンスの略で、家庭内暴力のことを言います。

モラハラを具体的に言いますと、相手の不足に対して、暴言を吐いたり、怒なったりなどの、精神的にダメージを被るような行為を指します。
これが続くと、モラハラを受けている側は、精神的に情緒不安定になり、頭痛・胃痛・吐き気・動悸・不眠などの症状が表れる場合もあります。

昔から多い離婚の理由

離婚の理由はこの4つがほとんど当てはまります。
浮気・暴力・不労・借金
増える熟年離婚
最近では、熟年夫婦(50代以上)の離婚も増加傾向にあります。
熟年離婚が増えた理由の一つに、改正年金分割法があります。

改正年金分割法とは、年金を夫・妻と別々にもらえることです。
年金を受取る時期になったら(熟年)、女性1人でも自立できるので、熟年になって離婚するというものです。